【ダイワ 2015 ルビアス】軽さにこだわるシリアスなアングラーにオススメのリール

ルビアス
ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 ルビアス 2508PE-DH (2500サイズ)

リール自重の軽量化とハンドル回転の軽やかさがルビアスの特長。
2508PE-Hは200g、ダイワのエギング向きリールの最軽量を記録。
ATD、メインシャフト部にボールベアリングを追加し、高次元のライトライン性能を実現しています。
マグシールド、ジュラルミン製マシンカットデジギヤなどを搭載。

スタッフによる評価

ルビアスradar-chart

2015年に出たばかりのリールなので、ダイワの最新独自技術がふんだんなく搭載されています。
今回のリニューアルからダブルハンドルモデルも加わり、アングラーの選択肢が増えたのもうれしいポイント。
軽くて丈夫なリールなだけにお値段はお高め。

 総合評価:★★★☆☆ 
半日程度のエギングであれば、250gまでの重さのリールであれば、さほど腕へのストレスを感じないもの(渋い時には、感度のストレスがありますが)。
しかし、一日中エギを振り続けるマッドなアングラーにとっては、10gの軽量化にこだわり、さらには200gクラスのリールをどうしても求めたい所です。
ルビアスは、そうした軽さにこだわるアングラーにオススメのリールです。

ルビアスのスペック

発売年 主な機能
2015年 マグシールド、ザイオン、エアローター、ATDなど

アイテム 巻取量 ギヤ比 自重 糸巻き量 希望価格
2506 72cm 4.8 200g 0.8-130m 32,400
 2506H 84cm 5.6 200g 0.8-130m 32,400
2508PE-H 84cm 5.6 200g 0.8-150m 32,400
2508PE-DH 72cm 4.8 215g 0.8-150m 34,700
2510PE-H 84cm 5.6 205g 1-200m 32,400

当サイトについて
イカ釣りで人気のエギングで使う、おすすめのリールを初心者にもわかりやすくランキングで紹介。シマノやダイワのエギング専用リールや、高機能、安い、軽い、お買い得リールを詳しく解説。リールのドラグの使い方や設定も解説します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする