【ダイワ 2016 セルテート】デザイン性と安心感が魅力、ただし同価格帯なら…

セルテート
ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 セルテート 2508PE (2500サイズ)

ローターの軽量化と新たな発想から生まれたバランスの追求により、理想の回転性能を実現。
新型の超軽量エアローターは、従来のエアローターと比較し、強度はアップしながらも10%以上の軽量化を実現。回転初動は10%以上も軽くなり、感度も向上した。
アルミニウム合金ボディによる強靭な剛性が、セルテートの大きな特徴です。
高剛性ボディは、ロスのない巻き上げ動作を支えるので、ハードな状況でも安心して、大物とのファイトができる。
「マグシールド」をメインシャフトとラインローラに加え、「マグシールドボールベアリング」をドライブギア両軸に装備、防水、耐久性能は勿論、回転性能も向上。

スタッフによる評価

セルテートradar-chart

波飛沫を浴びるようなハードな環境での使用を想定し、頑丈さこだわるセルテート。
頑丈さにこだわるとボディはたはり、ザイオンでは不安があるようでアルミニウム合金になっています。
しかし、一般的なエギング・アングラーはそこまでの頑丈さは必要がないので、軽さを優先してザイオンボディのリールでよいかも?
マグシールドは、コアなアングラーからは批判も少なくない技術です。
一部で海水の侵入があることと、それを自分でメンテナンスできないもどかしさが、批判の声を更に高めています。
外れを引かない限りは、それほど問題がないと感じていますが…。

 総合評価:★★★☆☆ 
2508PEの実売価格が3万5千円台(2016年5月アマゾン最安)で、かなりお高め。
頑丈さにこだわっている分だけ、価格の割にはやや重たいです。
エギングはどうしても軽さを優先するアングラーが多いので、この価格帯まで予算があれば、もっと軽いリールを選んでもよいのでは?
デザイン性と、使用時の安心感がグッド!

セルテートのスペック

発売年 主な機能
2015年 マグシールド、エアローター、ATD、デジギアⅡなど

アイテム 巻取量 ギヤ比 自重 糸巻き量 希望価格
2500 72cm 4.8 240g 1-280m 43,300
2506 72cm 4.8 240g 0.8-130m 43,300
 2506H 90cm 6.0 240g 0.8-130m 43,300
2508PE 72cm 4.8 245g 0.8-150m 43,300
2510PE-H 90cm 6.0 240g 1-200m 43,300
2510RPE-H 84cm 5.6 255g 1-200m 45,200

当サイトについて
イカ釣りで人気のエギングで使う、おすすめのリールを初心者にもわかりやすくランキングで紹介。シマノやダイワのエギング専用リールや、高機能、安い、軽い、お買い得リールを詳しく解説。リールのドラグの使い方や設定も解説します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする